浴衣~ゆかた~①

スズキサトコ先生の着付けレッスンで

浴衣の話題もよく聞くようになりました。

今年は花火大会やお祭りも

形を変えながら

楽しめる場所もあり

ゆかた姿がなんとなーく気になります。

でも一方で

浴衣は二十代を過ぎると

イタイ(あまり似合わない??)とか、

子どもには浴衣を着せてあげたいけど私はいいわ、

とか、こんなことも耳にする昨今です。

いえいえ、

浴衣は、年代問わず

素敵に着られるカンタン夏着物。

今日はその浴衣をもっと身近に、

安心して着られるようなお話を📖。

浴衣についてのちょっとした疑問や

爽やかな着姿のためのポイントをまとめてみました。

目次

1.衿は左右どちらが上?  

2.すっきり、爽やかに見える浴衣姿のポイントは?

3.女性の着方と男性の着方は同じなの?

4.浴衣は素肌の上に着るの?

5.さあ、浴衣ででかけましょ!

1:衿は左右どちらが上?

浴衣の衿は、どっちが上にくるんだっけ?

すばり、

自分から見て右が下、左が上。

老若男女皆同じです。

2.すっきり、爽やかに見える浴衣姿みえるポイントは?

一つは、

衿の合わせる位置。

鎖骨の中心にちかい、喉のくぼみのすぐ下くらいで

ピッタリ深く合わせます。

(ゆったり浅く合わせて衿の空き方が長ーいVの字になってしまうと、

ちょっとはだけた感じの印象になってしまいがちに💦) 

2つ目は、

裾の丈の長さ。

ほんの少し短めに、足のくるぶしの真ん中あたりにあわせると、

浴衣らしい涼やか軽やかな雰囲気になります。

3.女性の着方と男性の着方は同じなの?

違う部分があります。

後ろの衿。

女性はコブシ一つ分弱くらい後ろの衿を下げてみましょ(衿をぬきます)。

とても優しい表情の浴衣姿になります。

お子さんや男性は衿は抜かず首に沿わせます。

他にも帯の位置や幅も少し違いますね。(男性と比べて女性の帯は幅が広いです)

着物の仕立て方(形)が

女性と男性では異なるため、

おはしょり(腰のあたりに取るタックのこと)を

作る作らないという違いもあります。

4.浴衣は素肌の上に着るの?

汗取りにもなりますし、

特に淡い色のものが多い浴衣は透けやすいので

浴衣用スリップなどの下着をつけましょ。

着物は直線構造なので、腰のくびれには、

タオルを折りたたんで紐で補正し、寸胴体型にすると

シワがでにくく着やすいです。

5.さあ、浴衣ででかけましょう!

浴衣を着れたけど、

そうはいっても、

皆んなに見られるし、、何かどきどきするし、と緊張します。

そんな時は、鏡の前で浴衣姿でちょっと

ワンポーズしてみてください。

魔法のワンポーズタイムで

外に出ないのがもったいない気持ちになる?

かもしれません♪ 素敵ですよ。

浴衣を着られた今日を楽しんで!

あとは、いつもより、風を感じられるくらい

少しゆったり歩いてみる、

(走らなきゃいけない時は、ちょこちょこ小走り笑)

電車は吊り革ではなく、手すりを持ってみる

そんな姿を浴衣は作ってくれると思います。

浴衣の着方やその他の疑問は、

ぜひスズキサトコ先生のレッスンで聞いてみてくださいね。

さて、さて、次回はどんなお話にしましょうか?

文:春竹ここ(コラムニスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP